スポンサーサイト

-----,--:--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石ではなかった(^.^)

05-14,18:55,2012

みみ、検査してきました~。
夕方怖々お迎えに行って、ドキドキしながらお話聞いたら、
結局石は見当たらないと・・・

石のある子のレントゲン写真も見せてもらったけど、石って
ホントに大きいんですね!!! 
それにゴロゴロしてる!
こんなのがなくてよかったわ~、と胸をなでおろしました。

でも原因不明ってことになるんですよね。
そっちの方が怖かったりして…って思い聞いてみると、
「まずは石がなくてよかった」と先生。
腎臓の悪い子には、石がある子が結構いるそうなんです。
(ついでに言うと、腫瘍とかそういうものも見当たらなかったです。
つい最近血液検査もしていたので、石がなにしろ一番怪しかったらしい…。)


もっと詳しく調べるには、膀胱に針を刺して採尿したり、
造影剤を入れて腎臓からのお○っこの流れを見たり。

でも今は特に問題なく過ごしてるので、そういう危険を伴う検査はやめて、
しばらくお薬を飲むことにしました。

抗生物質と炎症止めを2週間飲みます。
で、またお○っこ検査。
それで出血がなくなるかどうか、です。

もしそれでもなくならなかったら・・・
しばらく様子を見ることになると思います。
腎臓病のある子は、なにか腎臓で出血することもあるらしいし…。

これからはちょくちょく採尿だ~~~
まあ仕方ないかな。
10歳までそれなりに元気できてくれたんだものね。

ほんとにみみはひ弱そうで3歳から腎臓の療法食を食べてるわりには、お薬のお世話に
なったことって1度くらいしかなく、お薬をちゃんと飲んでくれるかが私の次の心配・・・
爪も切らせてくれない子なんでね~~。

いつか歳とって、お薬いっぱい飲むことになるだろうから、今回はその練習ね。
頑張れみみ!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。