スポンサーサイト

-----,--:--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふく ワクチンと血液検査

08-28,12:30,2011

先日、ふくのワクチン接種に行ってきました。

子猫を預かる話があったので先生にいろいろお話を伺い、3種にするか
白血病を足してもらうか、判断するつもりでした。

白血病のワクチンには、打ったところにしこりができ、それが稀に
悪性に変化する…ということは読んだことがありましたが、
先生も同じような説明。

でもほんとに稀なので、先生自身はそういう患者さんに出会ったことはない、
とのこと。


そして外に出る猫にワクチンしないままでいると、3割がエイズに、
1割が白血病になるというデータがあるらしいです。
予防しないで子猫を預かったら、10分の1のリスクがあるってことです。

先生は、予防もせずに白血病の猫と先住猫をいっしょに飼っていて、
別にうつったりもしていない家もある、と。
その人は自分が拾った子猫に白血病が発覚したらしいですが…。

私みたいにわざわざ手を挙げて預る人とは、ちょっと違いますよね。

先生の説明を聞いていろいろ考え、結局いつもの3種のワクチンを打ちました。
3種で十分な環境にいる子たちを、わざわざほんの少しでも危ない目に
合わすことはやっぱりできませんでした。


そのうち一人抜け、二人抜けって、息子たちは出て行くんですから、
一時預かりは部屋が空いてから…ということにしようと思います。
最近の男性は結婚が遅いようだけど、いつまでも保護はしません!!(キッパリ)


血液検査の方は・・・
やっぱり微妙にBUNが高い。
そして血液が少し白濁。
血中の脂肪ですって。

今度また尿検査します。
みみもこのあいだ失敗してまだなので、2人分です



1





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。