スポンサーサイト

-----,--:--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙われる すず のご飯

01-23,13:03,2011

年が明けて、やたら すず のお供えに手が出るようになった みみ姉さん。

ふたを被せていたら今まではあきらめていたのに、このごろはなんとか食べようと頑張って
よく床の上に落としています。

ウェットフードの方が落ちて散らばっていることもあれば、カリカリの方が飛び散っていることも。
器が下で割れていることもありました。

もともと夜中だけにやっていたのが、最近は昼間でもちょっと家をあけた隙に
やるようになってきました。

しかもフードだけじゃなく、お供えのお水もよく飲んでいるようです。

お供えを始めて10ヶ月。
「いつもにおいを嗅ぐだけなんて、もうげんか~~い!!」って思ってるのかしら





1


みみ
ケージ最上段のベッドかファンヒーターの前で、多分一日の23時間以上を過ごしてるんじゃないかな。
部屋を出ても数分で戻ってくる・・・




2



3



4



一年前の昨日は、すず が最後の腎盂腎炎を発症した日です。
辛そうな すず を見ながら、救急に連れて行こうか行くまいか、朝までずっと悩んでいたっけ。

すずにとっては命にかかわると知りながら、救急に連れていく状態はもっと深刻な状態、
例えばオシッコが出ないとか、ぐったりしてるとか…のときだと、先生に聞いていて
結局思いとどまりました。

どんなに大事にしていても動物はやっぱり動物。
人間とは医療体制も違うんですよね。
そのことを痛感した日です。

日本のペットよりもっと医療を受けられない人も世の中にはいっぱいいるから、
言いだしたらきりがないのもわかっていますが…。


でもそれがあの日以来ずっと引っかかっていました。

救急に電話しても診ないと言われたかもしれないし、
たとえ診てくれたとしても結果は同じだったかもしれない。

もしかしたらそのときは助かっていても、そのあとまた具合が悪くなってやっぱりもう
死んでしまっていたかもしれない。


またその気持ちと向き合う日が来るのがなんか嫌でした。

でも、、意外とすんなり通り過ぎてくれました。

午前2時ごろ、下げ忘れていたすずのご飯をみみが落とした音で目が覚め、
みみのところに行きました。

しばらくいっしょにいてあげたら、また大人しく寝てくれるかな?って思ったけど、
それから珍しくみみちゃん、大ハッスル!

2階を走り回り、階段を何度もダッシュで駆け抜け、ピアノにも飛び乗り・・・。
すずの代わりにみみが私を元気づけてくれたような夜でした






スポンサーサイト

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。