スポンサーサイト

-----,--:--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一気に・・・

02-11,11:47,2010

昨日病院から帰ってすぐ、お昼頃初めての痙攣発作が起きました。

私が知っているのと違い、夕方までの5時間で13回続きました。

そりゃすごくて恐ろしくて泣くばかりでした。

夕方病院で鎮静剤を打っていただきましたが、それでもまだ朝までに6回
の発作を起こしました。

こういうふうに起こる発作もあるそうです。
一睡もできませんでした。

できれば、たまに出る発作になってほしかった。

すずくらい若いと、発作も激しいそうです。
おばあさん猫は、発作を起こすところに行く前に命が終わったりだとか。

腎臓しか悪くないすずは、死ぬのも大変なんですね。


体力がなくなると、大きな発作は起こさないということでしたが、
朝はピリピリと小さく痙攣していました。

脳脊髄液というところにアンモニアが入ると、こういう現象が起こるんだそうです。

瞳孔は開いて、わずかな動きのあるものにも怖がります。
今はまた鎮静剤で少し治まりましたが、
血液中のアンモニア濃度が下がらないと、本来治まらないそうです。


それでもまだ命は終わりません。

若い猫が死ぬって大変なんですね。
生命力って強いんですね。




1


2



昨日の朝のすずです。
朝の病院で、今日は目力があるね、と言われました。
こんなところから一気に行くって信じられますか?


今はもう、お別れが少しでも安らかであることを祈るばかりです。


 
スポンサーサイト

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。