スポンサーサイト

-----,--:--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルに涙

11-27,00:34,2009

明日(0時をまわったので、もう今日です)が最終という 『This is it』
すべりこみで行ってきました。

さすがに小さなスクリーンでの上映になっていて、わずか80人ほど。
でも満席でした。


感想は、もうただただ感動。
そして、この人がもういないということへの悲しみ。

途中なんども涙がジワーッとなりましたが、ビリージーンで初めて
涙があふれました。

彼とほぼ同世代の私です。
スリラーが流行ったときに小学生だったとかいう人たちとは違い、
いつもいっしょに年を重ねてきました。

短い生涯の晩年は常に悪いイメージが先行していたけれど、本当はまだまだ
踊りも歌も超一流だったんですね。

思うのはただただ彼が天才だということです。

父親との関係、小さくしてスターになってしまったことなど苦悩の多い人生で、
若くして亡くなることはいたしかたなかったかもしれません。

でも本当に悔やまれます。

これが映画ではなく、コンサートで見たかったと心から思うし、
反面、この素晴らしいリハーサル映像を残して死ねて幸せだったんだと。。。


今まで見た映画の中で、
当時すごく新鮮で驚き感動した、『スター・ウォーズ』か『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
を超えるものはなかったんですが、
この映画は久々のヒット、、もしかして今まで一番かな、、、と思いました。

CDも買いましたが、DVD、絶対に買おうと思います。
涙、涙、涙・・・・・・




p.s.
今日は最終日ということで、回数も多く大きなスクリーンでの上映のようです。
同じ見るなら大きいスクリーンがいいですよね~。
少々人ごみでも、大きなスクリーンでやってる最初のうちに見た方がいいですね・・・反省。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。