スポンサーサイト

-----,--:--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里親さん募集中!!! 今日、2匹送り出しました

09-28,17:45,2012

うしちゃん(仮名)




くろちゃん(仮名)

1



2



3




今日、2匹送り出しました。
保護活動をされてる方のお宅へと旅立ったのは、うしちゃんとくろちゃんです。
かわいいでしょ?
今日から里親さん募集します。
みなさん、どうかよろしくお願いいたします


どちらもホントに人懐こくて、猫トイレの掃除をしてる私の膝を取り合うくらいでした。
うしちゃんだけがオスで身体も大きく、ほんとにやんちゃ!
くろちゃんもよく遊ぶ子でした。

昼ご飯のあと2匹を抱いて保護部屋を出て、帰ってきたとき2匹がいなかったので、
お母さん、すぐに察してしまいました。
部屋の戸を開けるといつもなら子猫といっしょにすぐ飛び出してくるのに、
さっきはケージに入って寝転んで動こうとしません。

ほんとに賢いお母さんです。
顔に気持ちが出てるんですよ。

残った2匹の子猫はすぐに廊下に出ていきましたが、2匹だけになったら勝手が違うのか
このうえなく大人しい・・・
火が消えたみたい、とはまさにこういうことなんでしょうね。

何もしないとほんとに寂しい気持ちに浸ってしまいそうなので、
5匹いるときはできなかったリビングデビューを、残った3匹にさせてみました。

実は昨日から格子戸越しなら大丈夫!というのを確認していたので、みみがケージで
くつろいでる間、ちょっとやってみたのです。

”ゆう”が来たときといっしょで、おかずが入っていたお皿は早速なめてた!!
これからはボーっとしてられないな。。

お母さん猫、みみがいるケージに飛びついてみみの前でピタッと止まり、
みみに向かって鳴きました。
外でたくさんの猫と付き合ってただけあって、とてもフレンドリー!
みみも怒らずジーッとしてた。
ふくが来たときも始まりはこんなウエルカムな感じだったので、
このままうまくいくかどうかは不明です・・・

ところでやっぱり、というか・・・
帰ってすぐにトイレの掃除をしてたら、寂しくてウルッときてしまいました。
今日伺ったお宅でちょっとお話したとき、「寂しい気持ちは、
また次のかわいそうな子たちを助けることに向けていけばいいんだ」とおっしゃってたな。

幸せになるとわかっていても寂しいものは寂しいです。
でも気持ちを切り替えて頑張ります。
しばらくは今日みたいに少しずつ先住猫との対面が課題です。。。


ps.
お母さん、抱っこされると自分もどこかに連れて行かれると思い、
私が近づくと逃げます・・・




スポンサーサイト

数日後に旅立ち

09-26,11:54,2012

またまた更新です!!
それにしてもこんなに毎日毎日更新するなんて、ブログ始めて以来初めてです。
毎日なにかしら書くことがあるんですよね~。
3匹の先住猫だけのときは、もう写真撮るにもいつもポーズも同じで
更新するにも困る状態だったというのにネ・・・


ワクチン打って1週間経ったので、さっき保護活動グループの方に電話しました。
そしたら今までお話させてもらったとおり、引き取りを快諾してくださいました。
これから引き受ける用意をされるので、数日のうちにお電話いただけるそうです。

ビックリしたのは「避妊(去勢)手術はまだですか?」って聞かれたこと。
今どきみんな早いんですってね。
2ヶ月でもします、と。
小さいときのほうが傷口も小さく、術後元気なんだそうです。

うちの3匹も引き取ってからしてくださるそうです。
それなら、とおまかせすることにしました。
費用はもちろん負担させていただくつもりです。


このごろ階段と廊下にも慣れ、みんな自分の家のようにふるまっています。
これ以上慣れないうちに旅立たせるのが本人のためですよね。

お別れを考えると寂しくなって、みんなうちで飼うなんて出来もしないのに
ずるずると手放すのが遅れそうなので、思い切って朝電話しました。
あとは残りの時間を大切に過ごしたいと思います・・・



ゆうとふく、1ヶ月ぶりに2階へ

09-25,17:45,2012

子猫を保護した先月26日から、一度も2階へ行かせてもらえなかった先住猫たち。

1ヶ月も行かせてもらってないと、2階へ行くことすら忘れてる。
午後、ゆうとふくを抱っこで2階の廊下へ連れてあがりました。
(もちろん保護部屋はピタッと閉めてますよ)

ふくは探索したけど、ゆうは廊下に下ろした途端階段を下りて逃げました。
ふくは2階の保護部屋周辺をだいぶ嗅ぎまわってました。

総じて、みんなたいした関心を示さないのに驚きます。
みみだって、まだ2階へ行ってないものの、自分のベッドに寝転びながら
階段をバタバタ走る子猫をじ~っと、特に驚くでもなく見つめていますし…。

もう1ヶ月の間ずっと臭いは漂っていて、姿が見えなかっただけなんでそんなものなんでしょうか。
鳴き声だって家の外でしていた聞き覚えのある声だ、くらいに思ってるのかな?

ともかく風邪のウイルスと虫の卵のせいでずっと隔てられていた壁が、ようやく取り除かれたわけです。
私はホッとしました。
猫たちは?
猫心はやっぱりよくわかりません




検便

09-24,22:11,2012

お母さん、「あぁやっぱり~」の便秘さんでした~~!

昨日はからぶり。
それなら今日は朝ご飯のあとにきっとね・・・
と思っていたらその通りになり、めでたく検査してもらえました。

結果、虫の卵はゼロ!!!
よかった~、バンザ~イ!

次は1ヶ月後にまた検査します。
子猫たちも、また数週間後に検査です。
そうやって”虫ゼロ”が続いて、ほんとに虫いないんだね、ということになる。
次もゼロならもう大丈夫です!

虫がいなくなったあとどうするかを聞いてきました。
それで午後は大掃除!!
トイレの砂を全部捨ててトイレを洗い、ケージもほんとは丸洗いしたほうがいいそうな。
でも3段ケージって重くて、2階から1階へ下ろすのさえ私一人では無理です。

今日はとにかく保護部屋をくまなく掃除機をかけ、ケージではずせる段などは洗い、
他は除菌効果のあるもので猫が触れられる全ての場所を拭きました。
おもちゃも爪とぎも捨て、ケージの中のタオル類、覆っていた布なども捨てました。

保護部屋大掃除の間、5匹はどこにいたかというと・・・
初めての1階廊下&階段です~。
階段上の格子戸を閉めて2階へ上がれないようにして放っておくと、
子猫たちは廊下に突っ張ってるキャットタワーで遊びまくってた!

ほんとに純真無垢ですね。
新しいおうちでもきっとすぐに馴染んでくれると信じています!





今日はふくを連れて

09-22,19:18,2012

飲ませるのを失敗して足りなくなっていた虫下しのお薬をもらいに、
またまた病院に行ってきました。
せっかく行くのに手ぶらはもったいないので、ふくを連れていき
ワクチン接種と血液検査をしてもらいました~!

ふく、体重5.32kg。
4月に結膜炎で行ったときとほとんど変わらずでした。
よかった~~!!
(実はゆうが超太ってしまい、いつのまにかまたしても6kgになってるのですよ

血液検査では、コレステロールは問題ない数値に下がって、
でもやっぱり腎臓がBUNもCREも標準値の中の一番上です。
1年前もそうだったので、なんかちょっと心配・・・

お母さん猫。
コクシジウムのお薬は1包少なくても構わないそうです。

明日早速検便してもらいます。

どうかコクシジウム死んでますように!
母と子を離すことが、私にとっても相当ストレスなんです。
いじめてるような気分でたまりません。
マンソン裂頭条虫のほうは子猫にうつる心配がないので、まだ残っていたとしても
まあ許せます。

ちょっと便秘の気のあるお母さん猫なんですが、
”明日の朝はちゃんとウ○チするんだよ~!” 
↑ 私の心の叫びです・・・





そばに行きたがってね・・・

09-21,12:07,2012

コクシジウムのいるお母さん。
お薬、まだ今日と明日飲まさなくてはなりません。

いろいろ検索して調べてると、コクシジウムって相当怖い虫のようです。
消毒薬はほとんど効かなくて、熱湯消毒でのみ死んでくれるとか。

トイレの砂は1回ごとに全部捨ててトイレを毎回熱湯消毒するとか、
虫のいる子のところで着てた服は熱湯消毒してから洗たくするとか。
みなさんそれなりにやっておられるようです。

先生にそこまでのことは言われてないけど、お母さんとはいっしょにしないほうがいいと
言われたので、ワクチン後元気を取り戻したのを機にお母さんとの接触を
避けることを始めました。

ケージの中と外を親と子で交互にしようかなと思うんですが、
両方ともにそばに行きたがってね。
かわいそうです。

今は子猫が外で、親猫をケージに入れてますが、親は出たくて鳴きます。
昨日までいっしょに遊んでたから、子猫が遊ぶのを見るとそばに行きたいみたい。
子猫は母猫のケージをよじ登ってます。

もうすぐ別々の生活が始まるというのに、最後の1日くらいはいっしょにしてあげれるように、
週明けの検便でコクシジウムの卵が出ないことを祈るばかりです。
でもなかなか1度では落ちにくいとも書いてあるんですよね~。

これから旅立つ子猫にコクシジウムを感染させて行かせるわけにもいかず、
心が痛みます。

保護活動されてる方は、
「鳴いても初めだけやから。そんなこと言ってたら保護活動なんてできない」と。

そうでしょうね。
よくわかります。
先の幸せが大事!ですよね。
猫にとっても家猫になるための修行なんでしょうかね~。




熱が出ました

09-20,17:37,2012

5種混合のワクチンを打ってみんなぐったりしましたが、
くろちゃんだけちょっとひどくて、昨日はまた病院に行きました。

息を吸う音がずっとして、しんどそうで、足が痛くてちゃんと歩けなくて・・・
40cmほどのダンボール箱にさえ飛び乗れなかったんですから。
呼吸のたびに鼻がスースーいうって、苦しいのかな?って不安にもなりました。

結局ピアノはお休みし、昨日夕方診てもらったら、熱がかなり高かったんです。
解熱効果もある点滴をしてもらいました。
それで少しずつ回復。
まだジャンプをするところまでもいきませんが、顔が明るくなってお腹もすいてきました。

他のみんなもぐったりしてたのが、今日の昼ご飯を境にまた元気な子猫に戻りました。
くろちゃんは一歩あとを追いかけてます。

ワクチンってやっぱり子猫には負担が大きいですね。
1ヶ月後もまた熱が出るかも…と言われましたが、そのときは少しましだといいな。
もう私の手から離れて、そのころはどこにいるやら。

猫が1匹も居ない家なら、5匹全部面倒みてもよかったんです。
でも人間の都合で話をすすめられませんものね。
みみとふくといういい例がそこにいる家なんで・・・



急きょ ワクチンしてきました

09-19,12:15,2012

昨日は、保護活動されてる方に電話し里親募集のことで相談しました。

結局めっちゃん以外の3匹を引き取ってくださることになり、
そのためのワクチン接種を昨日急きょしてきました。

里親募集への問い合わせをしてこられる方、一度見たいということで
見に来られるそうです。
そのときに「こんな子もいますよ」っていうことで、手元に置いている子たちを
紹介してくださるのだそうです。

「一度に5匹も保護して大変でしょう、気の毒やから…」って、
引き取ってくださることになりました。
でもすべてあちらにおまかせになるので、もらわれたという報告もいただけないそうです。
一任という形ですね。
それでも早く里親さんと巡り合うためです、仕方ないです。

昨日ワクチン接種して抗体ができるまで1週間うちで待って、
来週引き取っていただく予定です。
いろんな子が出入りするから、白血病ワクチンは打っておいてほしいということで、
5種混合ワクチンを接種し、今もみんな元気なく寝ております・・・

うちのすずとみみも以前具合が悪くなりました。
やっぱりみんな・・・仕方ないですね。
熱でも出てるんでしょう。
みんなケージに閉じ込めて、ゆっくり寝てもらっています。
ケージに入れると条件反射みたいに、寝てくれるのです

今日はときどき子猫の様子を見に行って、好き勝手なところでのんびりしてる
お母さんの相手をして・・・が私の仕事です。

それと1ヶ月ぶりのピアノレッスンも入ってるので(全然練習できてないけど~)、
今からちょっと練習して行ってきます!


※補足
めっちゃんの目も見ていただきましたが、「これくらいなら大丈夫!」と。
今回の3匹には入りませんでしたが、めっちゃんもこれからゆっくり
里親さん探しをしていきたいと思います。
お母さんだって、虫を退治できて血液検査して手術してワクチンして・・・
全部終わったら里親さん探しますよ~~!



こんなに仲良しですが…里親さん募集始めます!

09-18,09:05,2012


2



1



お母さんを保護して2週間が経ちました。

危険や飢えの心配がなくなったからでしょうか。
こんな光景もよく見られるようになったんですよ!

最近大きな2匹は 1.74㎏ になってました。
一番小さな子で 1.44kg、お腹の調子でご飯が少なめだったためです。

お母さんは 3.3kg だったので、お母さんの半分の大きさなのに
まだお母さんのお乳を吸ってます。
みんなまだまだ甘えんぼうです

お母さん、私に撫でられてゴロゴロいうと、子猫たちが集まってきます。
ゴロゴロが合図みたい。

でも、ちょっと問題が出てきました。

子猫たち全員の血液検査、検便が終わり、どの子もエイズ・白血病ともに陰性で、
虫もゼロ、という嬉しい結果が出たのですが、お母さんにはまだ虫がいます。
昨日先生に、できれば部屋を分けてください、と言われてしまいました。

お母さんが薬を飲み終えて検便するのは早くて来週月曜日。
それでもまだ虫が死んでない可能性もあり。
今まで虫がうつらなかったとはいえ、リスクがあるってことなのでしょうね。

前に保護活動の方が子猫を引き取って里親さんを探してくださるようなことを
おっしゃっていたので、今日は電話して聞いてみるつもりです。
もしほんとに引き取ってくださるなら、預けさせていただこうと思います。

全部はいなくならないにしても、お母さん悲しむかもしれないけど仕方ないです。
こんな月齢までお母さんにしっかり甘えて教育も受けて、みんな絶対いい子たち。

どうか優しい里親さんに巡りあえますように!!




雷くらいへっちゃら

09-15,15:25,2012

保護部屋には大きなタンスが3点あります。
ケージも背が高いし、猫が好きな高い所だらけよ!

1



2




昨日の午後、激しい雷と雨でした。
2階の保護部屋に様子を見に行くと、こののんびりな雰囲気。
近くに落ちてガラガラド~ンっていってるのにですよ

母猫にとっても狭いけど安心できる部屋になってきたのでしょうか。
昨日から雨戸を半分開けてみましたが、もう出たいと言わなくなりました。

バタバタ走りまわって危ないですが、ケージに入れるのもお出かけのときと夜中だけ
にしました。


写真の名前は病院用の呼び名です。
名前がないとやっぱり不便でわかりにくいからね。

スズちゃんって名前の子は、すずの小さい頃にとてもよく似ているので、
家では「すずに似た子」と言われています。
略してスズちゃん。
一応字はカタカナにしておきました

めっちゃんは、お目目が悪かったから。
きっとこの子は残ると思うから(またいつか書きます)、そのときはいい名前付けますネ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。