スポンサーサイト

-----,--:--,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法要

03-28,06:35,2011

1
車の中で・・・


このところ携帯での写真が続きますが…



すずのお墓のあるお寺では、お彼岸、お盆、一周忌、三回忌の法要が
行われているようです。

今までも2度案内のハガキが来ていましたが、今回初めて参加してみました。

今月は一周忌、三回忌とお彼岸の法要が重なって、思っていた以上に
たくさんの人たちが来られていました。


お経が始まるとなんか涙が出そうになったので、あまりすずのことを思わず
淡々と聞くことにしました。

一年前、一生懸命涙をこらえながら聞いたことがつい昨日のことのよう。

あれから一年、長かった・・・しんどかった・・・
でも最近、あの辛い日々をよく頑張って乗り越えたもんだ、と思えるようになりました。


○○家、すず。。。一周忌。。。(あとは何言ってるかよくわかりません)
呼ばれたらお焼香します。

人によっては、何匹も名前が読み上げられていたのでちょっと驚いたけど…。
うちも将来みんなここでお世話になれば、ずらずらと名前を呼ばれることになるのでしょう。

「どの子も生前、本当に大切にされていたんだなぁ…」
集まった人たちを見てつくづく思ったのでした。。




すずの法要のあと、その足で引っ越しの積み残し荷物を取りに行きました。

絶対忘れてはいけない!とあれほど気にしていたというのに、
よりによって返却しなければいけない『鍵』を忘れ、着いた途端とんぼ帰り。

法要が早く終わったので1度目は2時半に到着、「早かったね」と言われました。
でも2度目に戻れたのは5時前。
不動産屋さんがもう来ていて、必死で荷物を下ろしました。

最初からあまり手伝うつもりはなかったけど、ほんとに何もせず。
私はひたすら高速道路を走ってただけ。

不動産屋さんには、「別に今日でなくてもよかったのに…」
息子には「余韻に浸る暇もなかった…」、と怒られました



スポンサーサイト

窓辺

03-26,13:10,2011

3



すずの好きだった窓辺です。

「どうぞ爪をといでくださいな」 と言わんばかりの柱。

すずやみみはあまりしなかったけれど、ゆうとふくにボロボロにされました。

ずっと放置してきたけれど、この際だからとやっと貼り替え。


明日はすずの合同の一周忌法要に行ってきます。

そして明日次男がこの部屋に帰ってきます。

怖がりのゆうが、ますますこの窓辺に来なくなるかしら…。

ゆうちゃん、もっとしっかりしてほしいな~




花言葉 『慰め』

03-20,14:47,2011

2



が届きました。

ポピーとワックスフラワー。

20本ものカラフルなポピー。

そこだけ明かりが差したようです。

紙に、「ケシ科のポピーは 『慰め』 の言葉」、とありました。

見ているだけで、安らぎます。

一瞬目に入っただけで元気をもらえます。

本当は・・・

震災に遭われた方々にこそ、届けたいです。

みなさんに、一日も早くおを飾れる環境が戻りますように・・・



みんなでなんとか頑張りたいですね

03-16,11:52,2011

まずは地震で被災された全ての方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

大阪に住み、この一連の地震を一切身体で感じなかった者ですが、
連日の報道に本当に心が痛みます。

何かしら被災された方はブログでの報告もあるでしょうが、まわりを見れば
いつもどおりの私など何も書くことすらありません。

でも今日はひとことだけ。


金曜日地震が起こった時間、私はダウンロードした新しい連弾の曲を
試し弾きしていました。

ピアノは身体を動かすから全く気づかず・・・
結構揺れたらしい静岡の姉から電話で知らされました。

こちらでも高い建物に居た人たちは、地震じゃなくめまいかと思うような揺れを
感じたそうです。
部屋にある水槽の水が揺れて知った人もいたようです。


せめて何かお役に立てたらとおもいますが、節電しても電気を回して
あげられないというし、被災地の人たちが低体温になるほどの寒さだと
いうのに、寒いとやっぱり普段どおり暖房をつけてしまう・・・
情けないですね

原子炉があんな状態でこれからがまだまだ心配ですが、私たちにも何かが
できるようになれば、わずかでも力になりたい…と思います。


明日は我が身だと、この地域に住む人たちはみんな思って見ています。

私の家は海岸から2㎞くらいなので、間違いなく津波が来ます。
湾なのでいくぶん余裕があるらしいですが、それでも逃げなきゃなりません。

テレビで、なんとか犬は連れて逃げたけど猫は無理だった、とか、
残して逃げた猫が2階で助かっていた、とか見ました。

3匹なので私はみんな連れて逃げるつもりです。
背負って手にも提げて、高いところまで走らなくちゃ。


原子炉がますます悪い方へ進んでいるようで、とても心配です。
なんとかもってほしい。

関東の方々も停電で大変ですが、頑張ってくださいね!!




忙しい春

03-07,18:34,2011

新婚旅行以来の海外へ行くことになり、今日はパスポートを申請しに
関空付近まで行ってきました。


1
パスポートセンターがある 『りんくうゲートタワービル』 の17階より
右の橋が空港連絡橋




2
和歌山方面を向きました



4月、東南アジアに赴任中のお友達のところへ遊びに行きます。
昨年8月には千葉のお宅へ訪問しました。

すずが居たころは、国内旅行さえままならなかったのに・・・
別に待ってましたとばかりに旅行してるのではありませんけどネ。
でも、みんなが元気な間しか行けないもん。


いろいろと用意もある中、今月末には次男も帰ってくることになりました。

あ~、引っ越しだぁ~~!

次男の部屋はだんなが使っていたので、これから大変です。
いつの間にこんなに荷物増えたの?

できたら引っ越し前に部屋の壁も貼り替えてもらいたいし・・・

このところずっとバタバタ過ごしてますが、ますます忙しい
3月、4月になりそうです




あっ、そういえば、今日はみみのお誕生日なんです~

我が家では前猫未踏の 9歳 になりました~


3


ファンヒーターとホットカーペットでヌクヌクな上に、人にももたれて。
はたから見ていても幸せな子だなぁ、と思う・・・



”いちげん さん” ってこんなもの?

03-03,16:05,2011

1


今週土曜日にはまたいつものお花が届くんですが・・・
火曜日、今日の日のためにバラを買ってきました。

お墓参り用のお花をまず注文。
うちのお墓はお花が8ついるので、そこそこの値段になりました。

「○○円になります」 と言われてから、バラもちょっと欲しいと言いました。

写真一番上のサーモンピンクみたいなバラがきれいだったので、ピンク系で
5本取ってもらいました。

そして買って帰ったのが、写真のバラたち。

サーモンピンクのバラ以外はみんなきれいじゃありません。
1本など葉っぱが病気です

バラはほんとは1本百うん十円だということだったんですが、最終的に払った金額
から差し引きすると、5本のバラとおまけのマーガレットで ”400円”
ということになります。

そのときはラッキー!と思いました。

でも、、、いかにもおまけしてくれたようですが、少し古くなったバラは
そもそも400円相当だったのかも・・・

「家で飾るために…」 という私の言葉で、売れ残りを入れられたのかな。
お商売をしてる人にとっては、そういうものなんでしょうか?

「命日のお供え用に…」 と言えばいいのを選んでくれたかもしれません。
でも 「お供えにバラはダメ」 と言われるのが嫌で、敢えて言いませんでした。


今日のために2日前に買ったところなのに、なんかもうピークを過ぎたみたいな花。
高くてもいいからきれいなのが欲しかったのに…。

大阪のおばさんは強い、怖いと言われがちですが、私は全く正反対。

実態がわかったのは帰ってきてからでしたが、その場で、
「きれいなのを入れてください~!」 って大阪のおばちゃんらしく言えばよかった・・・

なんかちょっと残念なことになってしまいました。
たまには図々しさも必要ですね








2


おまけ…
うちのお墓がある墓地です。

だんなの実家は古墳群がある地域なんです。
仁徳天皇陵もすぐ近くです。

このお墓も、後ろにある山みたいなのが古墳なんですよ。
古墳のお堀の脇にある墓地です。

昨日は雨の中傘さしてお参りしてきました。。




一周忌

03-03,11:25,2011

今日はすずの一周忌。

去年と同じで、今年も最後の6週間が本当に長かったです。

気持ちはなんか去年に重なって、「あぁやっと今晩楽になれる…」。





1



5歳のときの写真です。

写真整理からちょっと離れていて、最近ようやく写真としてできあがってきました。

毛色がやたら茶色に写っていて、そんなに好きな写真でもなかったんだけど、
パソコンで見るより鮮明で、とてもきれいに撮れている一枚でした。


久しぶりにすずと目が合う写真。

この写真を飾るようになって、直後2日続けてすずの夢を見ました。

夢の中でもこっちを向いてくれて、頭も撫でることができ、尻尾にも触れることができました。

頭を撫でるとちょっと嫌がったのに、隣にいるゆうがクンクンしても嫌がりませんでした。

夢といえるほどのものを見たことがなかったのに、こんなにリアルな夢。

目が覚めたとき嬉しくて、忘れないようにしっかり頭に刻みつけようとしたけれど、
不覚にもまたウトウトしてしまい、少し不鮮明になりました

でも嬉しかったなぁ~。

こうやって何かがあるたびに心が軽くなっていくのが、一年という時間の重み
のような気がします。


私の中では今日を境に悲しみがなくなるわけではないけれど、
すずが少し遠くに行ってしまいそうな予感がします。

「おかあさん、もう大丈夫だね?」ってそう言いながら。。。




2





3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。